エアークローゼットで服のサイズが合うか不安?ジャストサイズにするポイント!

仕事や家事、育児などで忙しいと、流行をリサーチしたり洋服を選んだりすることに十分な時間が取れず、オシャレに気を遣う余裕がなくなってしまう場合はあるものですよね。

しかし、忙しくてなかなか時間は取れないけれど、本当はファッションを楽しみたいと思っていませんか。そんな忙しくてもおしゃれを楽しみたい人におすすめのサービスがエアークローゼットです。

そこで、エアークローゼット利用のための登録方法やポイント、どのようなサイズに対応しているのかといったサイズに関する情報などを詳しく紹介します。

エアークローゼットの取り扱いサイズは?

エアークローゼットは在籍する150名以上のプロのスタイリストが利用者に合った服を選び、自宅に届けてくれるサービスです。1回に3着送られてくる洋服は、着こなしのアドバイス付きであるため、スタイリングに自信がない人でも安心して利用できます。また、基本的にはレンタルサービスですが、送ってもらった服を実際に着用して気に入れば、そのまま購入できるのも魅力です。新しい洋服を購入する際には、お店に足を運ばなければいけないため時間が取られるものですよね。さらに、小さい子どもがいる場合には、お店で試着することだけでも一苦労となる場合もあります。また、お店で着たときには気に入っても、実際の生活のなかで着用すると着心地が良くなかったり、持っているほかの洋服とのコーディネイトが難しく使い勝手が悪かったりして買ったことを後悔してしまうケースもあるものです。

しかし、エアークローゼットを利用すれば、買い物へ行く手間を省けて、レンタル中に着心地や使い勝手を試したうえで不安なく購入もできます。加えて、購入せずにレンタルだけの利用であれば、着終わった洋服をそのまま返却できるため、洗濯する面倒もありません。特に、ニットなどのデリケートな洋服の手洗いやアイロンがけが不要であることは家事の時短にもつながります。このように時短しながら自分に合った洋服でオシャレを楽しむことができる魅力的なサービスですが、自分のサイズに合った洋服を借りることができなければ意味がありません。このため、取り扱いサイズについては気になるポイントとなることでしょう。

エアークローゼットで取り扱っているトップスやボトムスのサイズはS(7号、36)、M(9号、38)、L(11号、40)の3種類です。SSやLLは対応していないため、普段S~Lサイズ外の洋服を着用している人は、残念ながら利用することは難しくなります。また、スリーサイズについては、バストの対応サイズが77~94 cmで、カップはA~Iカップです。加えて、ウエストは58~70 cm、ヒップは84~95cmに対応しています。さらに、身長については146~177 cmとなっていて幅広いサイズ展開です。一般的なサイズと比べて、特別小柄であったり、大柄であったりといった場合でなければ、おおよそ対応可能となっています。また、一番充実しているのは、日本人の標準体型であり、利用者が多くなりやすい9号サイズです。

サイズにはS、M、Lといった3つの種類分けがなされてはいるものの、実際の体型は人によってさまざまですよね。このため、普段着用している洋服のサイズに体のラインが必ずしも完全にフィットするとは限りません。普段Mサイズを利用している人がMサイズの洋服を着ても微妙なサイズ差が生じ、着用時に美しいラインとならない可能性もあります。特に、試着をしないで利用するサービスでは、このような微妙なサイズ差に事前に気付くことができないため不安になりやすいことでしょう。しかし、エアークローゼットなら、このように少しだけサイズが合わない場合でも「ぴったりサイズレポート」やレビューで希望を伝えることもできるため、よりフィットするサイズを選んでもらえるようになっていきます。

▲目次に戻る

初めにエアークローゼットに自分のサイズを登録しよう!

エアークローゼットでレンタルサービスを利用する場合には、事前の会員登録が必要です。会員登録では、メールアドレスや生年月日など利用者の基本的な情報と併せて、好きな洋服のスタイルや色、利用シーン、必要に応じて洋服の悩みといった内容なども登録します。さらに、レンタルする際の洋服選びで大切な情報となる自分のサイズを正しく登録しておかなければいけません。登録には必須項目と任意項目があり、サイズに関する具体的な内容は身長やバストトップサイズ、ウエストサイズ、ヒップサイズです。また、S、M、Lといった手持ちの服のサイズについての登録も求められます。

洋服のサイズは、ブランドによって大きさや長さが異なるものです。同じMサイズでも肩回りが大きかったり、袖丈や着丈が長かったりと、実際に着用したときにサイズ感に違いが見られる場合もあります。このため、スタイリストが、利用者が美しく着こなせるサイズをできる限り間違いなく選ぶためにも、まず各サイズについて正しく登録しておくことが重要となるのです。

また、サイズをできるだけ正しく伝えたいと思うなら、エアークローゼットでは、全身をスマートフォンで撮影した画像を送って登録しておくこともできます。数字だけの登録よりも、写真のほうがスタイリストに体形の特徴をつかんでもらいやすくなるため便利です。写真登録をする場合には、体のラインがわかりやすい服装で撮影したものを使用するようにしましょう。ただし、女性としては、自分を撮影した画像を登録することに不安を覚えることもあるものですよね。そのような際には、自分の顔を隠して登録することも可能です。顔はスタンプなどで隠し、体形だけがわかるようにして送れば、自分の姿が写った写真の送信について気にすることなく画像登録ができます。

▲目次に戻る

エアークローゼットから届いたサイズが合わなかった時の対処法!

エアークローゼットの登録後、利用に際して送られてくる洋服はコーディネイトができるようにそろえられた3点のアイテムです。ただし、送られてきた3点のアイテムを実際に試着してみたら、洋服のサイズが合わないケースもあることでしょう。そのような場合には、3着まとめてであれば交換してもらうことができます。原則、サイズ交換や洋服指定はできないため、届いた3つのアイテムのうち、1つだけサイズ交換してほしいといった希望や、次回に同じ服の組み合わせでサイズだけ変えてほしいといった要望を出すことはできません。サイズが合わなくて交換を依頼する場合には、新たに3つのアイテムを選んでもらい送ってもらうことになります。また、利用プランにはライトプランとレギュラープランの2種類がありますが、交換できる回数は利用しているプランによって異なるため注意が必要です。

まず、ライトプランであればチケット数に応じて交換できるようになっています。1チケットは決済日ごとに付与され、1チケットが行使されると1ボックスが配送される仕組みです。交換できる回数がカウントされる期間は、決済日が区切りとなっています。そして、決済日のたびに、交換できる回数が1回増えるルールです。決済日までに1度も交換しなければ交換可能回数は翌月に持ち越しとなりたまっていきます。

たとえば、交換可能なチケット数が1回の際に1度アイテムを交換すると残りの交換可能回数は0回となってしまいます。しかし、次回決済日になると、また1回増えるため、決済日を過ぎれば次回の決済日までは1回まで交換可能です。一方、レギュラープランの場合であれば、原則、月に何回でも洋服のボックスを交換することができます。交換のために洋服を送り返すタイミングによっても多少の違いはありますが、だいたい月に4~5回まで交換できることが一般的です。

ただし、ほとんどの場合、長く利用しているうちにサイズ交換を必要と感じる機会は少なくなっていきます。エアークローゼットでは、アイテムを選んだスタイリストに対して届いた洋服の感想を直接送れるようになっています。届いた洋服のサイズが合わなかったときには丈が短い、肩幅が小さいなどサイズが合わなかったといった感想を記載し、毎回スタイリスト宛てに送ることができるのです。きちんとサイズに関する感想を送っておけば細かい部分のサイズが次に届く服に反映されるようになっていき、利用回数が重なるにつれ、だんだんと実際のサイズに合うようになってきます。

▲目次に戻る

エアークローゼットのサイズ感の特徴とは?

体のサイズや形は人によってさまざまであり、また、たとえ同じくらいのサイズの人でも体形に微妙な違いを持っているものです。このため、エアークローゼットでは、体型に多少の差があっても利用しやすいアイテムが事前に取りそろえられています。取り扱っている洋服が、着る人の好みに合わせてタイトにもゆったりめでも着こなせるサイズ感のデザインとなっている点も、エアークローゼットの特徴のひとつです。

たとえば、スカートであればウエストがゴムになっているデザインのものを用意することで、幅広いサイズの人に対応できるように工夫されています。少しのサイズ差でウエストがきつくて着ることができず、交換しなければいけないといったリスクが抑えられているのです。サイズ交換する必要が少なくなると、たとえば、ライトプランであれば限られた回数内でサイズ違いを理由とした交換を何度もしなくて済むようになります。

また、取り扱う服に工夫があるだけではなく、採寸方法にも特徴があります。利用者にとって、よりジャストサイズになるように「エアクロサイズ」と呼ばれる独自の採寸方法を採用している点もエアークローゼットの特徴です。登録してある服のサイズも参考にはしますが、もっと詳細なサイズ合わせをするために、実際の服の実寸や体のサイズをもとにしたエアクロサイズによって洋服選びを行っています。

▲目次に戻る

スタイリング情報へ正確に記入することが大切!

サイズが自分にピッタリと合う洋服をレンタルするためには、登録時に必須記入項目となっている身長やバストトップ、カップサイズについて正しく記入することがポイントです。ウエストやヒップ、太ももなどについては任意項目ですが、これらの項目についても手間を惜しまずに正しくきちんと記入しておくと、サイズ違いを防ぎやすくなります。面倒だからとサイズを適当に登録したり、見栄を張って実際とは違うサイズを伝えてしまったりすると、スタイリストが適したサイズを正確に判断できなくなります。その結果、着用時に窮屈さを感じるものや、ぶかぶかの服が届いてしまうこともあるため気をつけましょう。さらに、任意項目である「洋服を選ぶときのお悩み」欄にも、日頃気になっていることなどを具体的に記入しておくと安心です。数字や画像だけでは気づくことができない詳細なサイズ感や体型について、スタイリストが把握しやすくなります。

何度でも交換可能なレギュラー会員の契約をしている人のなかには、サイズが合わなければ、そのときに交換すればよいと気軽な気持ちでサイズ登録をしてしまう人もいることでしょう。しかし、交換する際の返送料は有料となっているため注意しなければいけません。また、何度でも交換できるとはいえ、返却して新しいアイテムが手元に届くまでの配送時間がかかることも忘れてはいけません。実際に交換できる回数は無限ではないということです。

▲目次に戻る

正確にサイズを測る方法を覚えておくと便利!

自分のサイズを正しく測るためにはポイントがあります。測り方によってサイズが変わってしまうこともあるため、ポイントを押さえて正しい方法で計測するようにしましょう。まず、バストサイズは、下着を付けて腕を自然に下げた状態で計るようにします。腕を上げたままで計測すると、実際のサイズよりも大きくなってしまうことがあるため注意が必要です。また、メジャーはバストトップから水平な状態であて、体に密着させるようにしながら一周させて測ることもポイントとなります。さらに、バストトップを通したラインにメジャーをあてて測るようにすることも大切です。

次に、ウエストについては、胴辺りのなかで最も細くくびれている部分の周囲を水平に測ることが正しい計測方法となります。測るときには息を吐いた状態にしておくこともポイントです。最後に、ヒップについては、1番細い箇所を計測するウエストとは逆に、腰辺りのうち1番出っ張っている部分を測るようにします。1番出っ張っている部分とは、前から見たときに太く見える箇所ではなく、ヒップの後ろ側の1番出たところを通って測るという意味です。ヒップについても、バストやウエストと同様に、水平に測ることは基本となります。

▲目次に戻る

大きいサイズの服をレンタルしたい場合はどうする?

エアークローゼットのサイズ展開は最大がLサイズとなっていて、XLや2L、3Lには対応していません。そのため、普段Lサイズより大きなサイズを着用している人だと、利用できるのか疑問に思うこともあるでしょう。結論としては、エアークローゼットではS、M、L以外に詳細なサイズの登録もできるため、大きいサイズを必要とする人でも自分の体に合った服をレンタルすることは可能です。エアークローゼットの服選びは、身長、バスト、ヒップなど詳細な実寸サイズを参考にして行っています。身長なら最大177cmまで、バストであれば94cmまで、カップならIカップまでと、幅広く対応した洋服サイズのなかから選ばれます。このため、Lサイズ以上の取り扱いがなくても自分のサイズを個別に細かく指定することで、大きいサイズの人も着こなせるジャストサイズの服を選んでもらうことができるようになっています。

▲目次に戻る

エアークローゼットは登録後も気軽にサイズ変更が可能!

ダイエットをしたり、食べ過ぎてしまったりなどして体型が変わってしまうことは誰しもあるものです。体型が変わってしまうと今まで送ってもらっていた洋服と同じサイズのものでは、ジャストサイズで着ることはできなくなります。ただし、さまざまな理由から登録時のサイズが変わってしまった場合には、登録後もサイズ変更することが可能です。変更できるタイミングに制限はなく、簡単な手続きでいつでも気軽に変更できます。

サイズの変更手続きはエアークローゼットの公式ホームページで行います。まず、メニューアイコンをタップして、ユーザー情報を選び、サイズ情報を開いたら編集ボタンをクリックして該当箇所についての内容変更を行いましょう。オンライン上の手続きで、24時間変更可能となっているため、サイズが変わったと思ったらこまめに直しておくと、常にジャストサイズを選んでもらえるようになり安心です。また、場合によっては、サイズに大きな変更はないものの、現状利用しているウエストのサイズよりも少しだけゆるいものを送ってほしいと考えることもあるでしょう。そのようなちょっとしたサイズの変更を希望する場合であれば、お問い合わせの欄を利用してお客様サポートを通し要望を伝えることもできます。

▲目次に戻る

サイズが合わなければ返金保証もあるので安心してトライできる!

詳細なサイズ登録をして洋服を選んでもらっても試着してみたらサイズが合わないというケースはあるものですが、エアークローゼットなら返金保証の制度があるため安心して試すことができます。サイズが合わなかったとき以外にも、届いた服が気に入らなかった場合は、希望を書いて交換してもらうことが可能です。それでも合わなかった場合には、会費と返送料が返金されるシステムとなっています。返金対象となるのは1カ月以内の月額会費と返送料で、レンタル期間中の洋服の修繕費用や弁償金、オプション、割引金額などについては返金の対象外です。

また、返金保証制度を利用できるのはエアークローゼットを初めて利用する人で、なおかつレギュラー会員のみです。再登録をしている人やライト会員は対象となりません。さらに、支払い方法がクレジットカードであることや、初回に届いた3着についての感想を書いていることも必須条件です。そのほかにも、スタイリング情報を登録した日から1カ月以内に解約申請をしていることなどの適用条件もあるため、制度を利用する際には該当しているか事前に確認をしていたほうがよいでしょう。

▲目次に戻る

スタイリストへサイズを細かく知らせることの重要性!

エアークローゼットには細かくサイズを登録できるサービスがありますが、この登録サービスをしっかりと活用することが自分に合った洋服をレンタルするための重要なポイントとなります。サイズを細かく知らせておけば、スタイリストは数字だけではわからない情報を得ることができるからです。スタイリストが利用者の細かいサイズを把握できていれば、その人の体型の特徴に合った服を的確に選べるようになります。

たとえば、一般的なMサイズの人に比べて足が長い、首が太いといった特徴を持った人がMサイズであることだけしか伝えずにサービスを利用したとしましょう。すると、パンツの着丈が短すぎたり、セーターの首回りがきつかったりと体に合わない服が届く可能性が高くなります。しかし、S、M、L以外の細かなサイズもスタイリストに伝えておき、服選びの参考にしてもらうことができれば、より体に合ったものを選んで送ってもらうことが可能です。また、サイズのちょっとした違いがあった際にも、こまめにスタイリストに伝えておけば、次回以降、より体に合った服が届きやすくなります。

▲目次に戻る

エアークローゼットのサイズに不安がある場合は?

今までお店で試着したうえで洋服を購入していた人であれば、試着なしでレンタルするエアークローゼットの服のサイズに不安を感じることもあるでしょう。また、自分のサイズをきちんと把握している場合でも、サイズが合うのかはデザインによって違ってくることもあるため心配なものです。そこで、サイズ違いの失敗を避けたいのであれば、はじめは何度も交換できるレギュラー会員になっておくと安心して利用できます。ライト会員だと次回の決済日までの交換可能回数は1回だけとなっているため、失敗してしまうと次回まで待たなければいけません。しかし、レギュラー会員であれば複数回交換可能であるため、期間中に希望を伝えてサイズを合わせることができます。何度も細かくスタイリストにサイズの感想を伝えることで自分の体に合った服を選んでもらいやすくなるため、最初はレギュラー会員になって自分の体に合うまで交換したほうが効率的です。

また、レギュラー会員であれば、適用条件に該当していることを前提に1カ月間返金保証制度を利用できます。サイズなどの失敗があっても月額会費や返送料保証してもらえる制度となっているため、無料で試着しているのと同じ感覚で気軽に利用できる点もメリットです。

▲目次に戻る

エアークローゼットからは妊娠中もレンタルできるの?

ファッションに興味のある人であれば、妊娠中もオシャレを楽しみたいと考えることでしょう。しかし、妊娠時期や体調によっては、自分に合った洋服を選びに出歩くことが苦痛に感じるときもあります。また、そもそも、妊娠中でも着用できる服は限られているため、さらに自分に似合う服となると探すのに苦労するケースもあるでしょう。しかし、エアークローゼットなら、自宅にいながら自分に合った服を手に入れることが可能です。マタニティウェアはありませんが、体型の変化に合わせた服をスタイリストに選んでもらうことができます。また、レンタルで済ませれば、妊娠中の限られた時期しか着ない洋服を購入する出費もなくなるため、お財布にも優しい無駄のないオシャレを楽しめる点もメリットです。

ただし、妊娠中にレンタルする場合には妊娠した旨を事前にスタイリストにきちんと知らせておかなければいけません。登録ページの「洋服を選ぶときのお悩み」欄に妊娠中である旨を記載し伝えておきましょう。特に、妊娠していないときとは体のラインが大きく異なるため、細かなサイズ報告をすることが、体型に合った服を選んでもらうために重要なポイントとなります。

▲目次に戻る

エアークローゼット独自のエアクロサイズとは?

「エアクロサイズ」とは、エアークローゼット独自のサイズ表記です。エアークローゼットでは、利用者ひとりひとりの体型に合った服を選ぶことができるようにオリジナルの採寸方法を採用しています。このため、エアクロサイズとして表記されているサイズは、一般的な洋服のサイズ表記と異なる場合もあることを知っておきましょう。たとえば、サイズ2にあたるMサイズを登録しているのに、届いた服のサイズ表記を見るとサイズ1と記載されていることがあります。自分で登録したサイズと届いた服のサイズの表記が異なっているとサイズを間違えられたと思って不安に感じることもあるかもしれません。しかし、これはサイズ感を合わせるためにエアクロサイズが採用されていることが理由であるため、サイズ間違いを心配する必要はないのです。

▲目次に戻る

エアークローゼットのサイズは個別に対応!良い着心地を体感しよう

エアークローゼットのサイズ展開は多くの女性のニーズに対応できるような幅広いものとなっています。また、お店に足を運んで試着する手間を省けるにもかかわらず、独自のサイズ感やスタイリストによる個別の診断があるため着心地のよい服が届くのも魅力です。プロのスタイリストに服をコーディネイトしてもらえて、時短できるエアークローゼットのサービスを上手に活用して、忙しいときや妊娠中もオシャレを満喫していきましょう。